学術薬剤師の業務内容は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の業務内容は?

学術薬剤師の業務内容は?

薬剤師が製薬会社に勤めると、様々な職種につくことが出来ます。たとえばMR(医療情報担当)や、研究・開発部門、学術部門などです。実際の実験よりも文献を扱うような仕事が好きな人は研究よりも学術のほうが向いているかもしれません。

製薬会社の学術部門に勤める薬剤師は様々な事務作業をこなします。主に自社製品の情報管理やMRのサポートなどです。自社製品や他社製品についての様々な資料を作成し調査などを行い情報を管理します。MRの情報活動のための資料作成を行ったり、セミナーの開催をすることもあります。医薬品の販売促進としてパンフレットなど広告関係の資料を関係者向けに作ると言った業務もあります。

また、自社製品のみならず医薬品全体の最新情報を集め、その情報を細かく管理しています。そして、医療従業者や患者さんからの問い合わせに対し対応も行います。学術は情報提供した資料から他社製品と比較した自社製品の有利点などをMRに提示して、MRの医療情報提供活動に貢献しています。MRの教育についても学術の役割となります。また、学術は対社内のイメージが強いですが、医療関係者や患者さんに対しての問い合わせに応対したり、医師と交渉する機会も多くあります。広告や自社のホームページ作成では他社広告代理店などと密接に連絡を取りながら作業をこなす必要もあり、対外的な仕事も多くなっています。

学術部門所属の薬剤師に求められるのは、医薬品に対する文献や研究資料を読む能力とそれらを文章にする文章能力です。研究自体よりも何時間も文献を読んでいても読むことが苦にならないタイプの人が向いています。また、文献の多くは英語になっていますので、英語を読める能力も求められます。文献に対して見逃しがあると後に大きな問題になりかねませんので、注意力の高い几帳面な人が向いています。また、社外への情報発信も行うため、社会人としての一般常識を持ち、積極的に自社製品を人にすすめることが出来る能力も求められます。そして学術でもマーケティングを担当する薬剤師は、自社製品の宣伝活動のため人を惹きつけるマーケティング戦略を行う創造性も必要です。

学術部門に勤めると、なかなか学術から研究などのエリアには行くことが難しく、学術内での異動に限られる会社も多くありますので、本当に自分のやりたい仕事なのかよく検討してから受けるのが良いでしょう。学術薬剤師としての勤務を希望するのであれば、やはり薬剤師の就職エージェントに登録しておくことがおすすめです。学術の求人を網羅しているほか、専門のキャリアコンサルタントから手厚いサポートを受けることが出来ます。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.