学術薬剤師の自己PRは?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の自己PRは?

学術薬剤師の自己PRは?

学術薬剤師として転職する場合、学術は国内の製薬会社では特に幅広い分野にわたります。たとえば商品の広告戦略やPRなどを計画するマーケティング関連や、医薬情報室でのDIとしての勤務などです。転職を希望する場合、学術薬剤師として良い自己PRがなければ学術部門への転職は厳しくなります。それでは、良い自己PRとはどういったものなのでしょうか。

学術薬剤師なので、過去に学術関連の職種についていたということは、もちろん強みになります。学術の場合、語学のスキルはかなり重要視されます。TOEICでのスコアや海外留学や海外勤務の有無、所属部署で英語を使った仕事をしていたかどうかなども審査のポイントになります。

ただし、同じ業界で学術の経験があり、英語力があると訴えても応募してくる人々は同じ業界で同じようなスキル、または自分以上のスキルを持っていることも多々あります。履歴書や面接の自己PRでそのようなスキルをアピールしても面接官に印象を与えることは少ないでしょう。それよりも他の人にはない自分の特徴を自己PRとしてアピールし、実際にあったエピソードなどを踏まえて語るほうが面接官にも好印象のはずです。学術部門での勤務を希望するからと言って、学術の経験があるといったことにこだわるよりは自分が今まで関わっていた職種で何を生かすことが出来るかを考えるほうが、意外なところに強みがあり、それを買われて就職できるチャンスになるかもしれません。

例を取ってみると、中にはドラッグストアから製薬会社の学術部門への転職を遂げた人もはいます。ドラッグストアではマネージャー職を任され店舗管理や調整、そして他の社員やアルバイトの指導などを行っていたことが買われ部門の立ち上げへの戦力になると見込まれ新しい支社での学術部門の立ち上げにふさわしいと判断されたものです。

職種が違っても自身のスキルが学術に生かせる場合は多々あります。良い自己PRを作るのには転職エージェントの指導も大きく役立ちます。良い転職エージェントでは、職種が違っても本人の今までのスキルが生きるような就職の紹介をしてくれます。自己PRは非常に大切な部分ですので、エージェントのキャリアコンサルタントが個性を生かした自己PRを作るように協力してくれます。その結果、今まで気にかけていなかったようなスキルがその職種で自己PRとして生かせるなど新しい発見をすることができます。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.