学術薬剤師の年収・給料は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の年収・給料は?

学術薬剤師の年収・給料は?

薬剤師の就職する職種として「学術薬剤師」という職種を目にすることもあるでしょう。学術薬剤師とはどういったものかというと、調剤やドラッグストアなどとは大きく異なった全く違った分野の仕事となります。

学術薬剤師とは、製薬会社などに勤務し、日々目覚ましく進歩している医薬品に関する最新の情報を入手し、それをコンピュータなどで管理します。必要に応じて医者やほかの薬剤師などの医療従業者に情報を提供したり、MRや他部署への情報提供そして書類の作成などを行うのが仕事です。そのため、多くの文献や医薬情報雑誌、新聞などと取り組む必要があり、文書を見たり書いたりすることが研究などよりも好きで、コンピュータなどの最新通信機器に対しても臆せず使用することが出来る人が向いています。

気になる学術薬剤師の給与はどれくらいでしょうか。学術薬剤師は多くの場合、企業に正社員として勤務しています。そのため、日本国内の製薬会社に勤務した場合、自身の年齢、そして役職が考慮された給与となることが殆どです。一部上場している大手の製薬会社ではほとんどの企業が平均給与が1000万円以上と製造業ではダントツのトップの収入です。大手製薬会社の学術部門に勤務すれば将来1000万円以上の年収を得ることも可能です。

製薬会社の中でも部門により給与の違いがあるのかというと、職種によりインセンティブを設けていたり賞与について所属部署ごとに評価をするところがあるので、年収に開きが出ることがあります。歩合制のMR(医薬情報担当)では、歩合給が加味されますので、年収も30代や40代で1000万円を超える人も多く、製薬会社の中でも一番給与が高い部門のことが多いでしょう。また、所属部署によって昇給が早かったり、あまり昇給しないといった差がでてきます。

学術部門については、MRや研究、開発部門とは異なり情報を管理する部門であるため、部署として非常に高い評価を受けるのは難しいでしょう。一般的には製薬会社の平均的ポジションであると言えます。給与についても平均辺りとなることが予想されます。

一般の調剤薬局に勤める薬剤師は、給与平均が400万円〜600万円と言われています。それに比べ大手に就職すれば年収は1000万円前後になりますし、製薬会社全体の平均としても年収700万円ですので、将来的にはその程度は見込めると言えます。

薬剤師専門の転職エージェントでは優良企業が多い非公開求人を紹介してもらうことが出来ます。希望の年収などの相談に乗ってもらえますし、交渉をしてもらうことも可能ですので、エージェントからの転職ではキャリアップにつながることが多くあります。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.