学術薬剤師の履歴書の書き方は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の履歴書の書き方は?

学術薬剤師の履歴書の書き方は?

転職を考える際、誰でも履歴書は書いて提出しなければなりません。履歴書、職務経歴書は転職の第1関門で非常に重要です。応募者が多数の場合は、ここでかなりふるいにかけられてしまいます。印象に残る履歴書を書かなければいけませんが、どのように書くのが良いのでしょうか。

学術薬剤師とは、医薬品のあらゆる最新情報を集めて管理をする仕事で、医療機関からの問い合わせに対し資料を提供したり、自社のMRのための書類作成、セミナーの開催などを行う仕事です。学術薬剤師の履歴書の書き方はどのようにすれば良いのでしょうか。

まず、履歴書は志望する業種ごとに内容を少し変える必要はありますが、メインのパートはどれも殆ど同じです。履歴書は基本事項をきちんと守ることが大切です。基本事項とは本当に基本的なことですが、履歴書は手書きで丁寧できれいな字を書くということが基本原則です。もちろん誤字脱字もNGです。修正液などで間違いを消すのも汚らしいのでもし間違えたら新しい履歴書への書き直しが大事です。次に大切なのは写真です。まだ面接官と会ったこともないので、面接官にとってその人のイメージは写真で作られます。できるだけきれいに撮れているものでスピード写真でなく写真屋さんで撮ってもらったものを使うようにしましょう。そして印鑑はなるべく丁寧に枠も写るように押します。そして履歴書の使いまわしは避けるようにします。これらは本当に基本的なことですが、面接官に人となりを印象付ける大切なポイントです。気を付ければ守れることなので、最低限実行するようにします。

それでは学術薬剤師の履歴書で留意する点は自己PR欄や志望動機ということになります。志望動機では学術の魅力について述べることになります。学術の魅力は学術部門は研究者やMR、医療関係者や患者といった様々な人と触れ合う事が出来、彼らに情報を提供することができる点です。多くの人に喜ばれやりがいがありますし、責任感も培われます。また、数多くの資料や文献を扱うため非常に多くの知識を学ぶことが出来るという点です。さらに語学力が必須の職場ですが、得意の語学力を生かしたいといったことも志望動機になり得ます。

自分の作った履歴書が良い品質のものか不安だという人は、薬剤師専門の転職エージェントに登録をするのがおすすめです。エージェントでは専門のキャリアコンサルタントがフルサポートをしてくれます。履歴書の書き方の指導もしてくれるので良い履歴書を書くことが出来るはずです。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.