学術薬剤師の募集先は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の募集先は?

学術薬剤師の募集先は?

学術薬剤師として働くにはどのような募集先があるのでしょうか。学術薬剤師は、製薬会社が一般的ですが、その他に化粧品会社や食品会社などのメーカー会社系での勤務の可能性もあります。企業では、メーカーの他に医薬品卸売メーカーなどで学術薬剤師として勤務できる可能性もあります。また、病院内で医者や薬剤師などに情報を提供するDI(ドラッグインフォメーション)として勤務することもあります。

学術薬剤師の仕事内容ですが、各製薬会社のデータベースや様々な文献、添付文書、インタビューフォーム、様々な文献などあらゆる情報をデータとして管理するのが主な仕事です。それらの資料を検索し医療現場の医療従業者やMR(医薬情報担当)、一般の人に必要があれば提供するのが仕事となります。企業や病院によってはコールセンターなどで外部からの質問に答えるという仕事もあります。また、国内メーカーにおいては、学術薬剤師の活躍は学術部だけに限らず幅広くなっており、マーケティングなどに関わることもあります。マーケティングでは商品戦略に携わり、販売計画やパンフレットの作成などを行います。学術の中でも、一般的なDI(ドラッグインフォメーション)業務とマーケティング業務では仕事の趣がだいぶ異なります。学術では資料の管理を行うことが主なのに対し、マーケティングはクリエイティブ性を重視されます。

学術関係の仕事に従事することになれば、将来的には学術関連の管理職・指導職につくか、DI提供のための資料の作成などを行うことになります。

学術薬剤師は、事務職としてデスクワークが主ですが、その実、あらゆる部署とも密接なコミュニケーションを図る必要があります。自社のMR(医薬情報担当)や研究・開発部門とも連携をとり彼らが必要としている資料を提供していきます。迅速かつ間違いのない情報提供が求められます。

学術薬剤師として就職するのであれば、まず自分が企業に行きたいのか、病院勤務をしたいかなどで絞り込んで求人をさがします。転職エージェントに登録すれば数多くの学術部門の職種を見つけることが出来ます。学術と言っても幅が広いので、自分がどのような部門に転職をしたいのか、専門のキャリアコンサルタントと相談しながら絞っていくのが良いでしょう。リクナビ薬剤師では、医療関係に勤務経験のあるキャリアコンサルタントも在籍しており、決めの届いた細かい気配りをしてくれます。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.