学術薬剤師の向き・不向きは?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の向き・不向きは?

学術薬剤師の向き・不向きは?

薬剤師が企業での就職を目指す場合、たまに目にするのが学術薬剤師。学術薬剤師とはどのような仕事をするのかというと、日々進化する医薬品を自社製品や競合製品を含め、あらゆる情報を収集し管理する業務です。また、その情報をもとに会議資料を作成したり、MR(医薬情報担当)の営業活動の資料としたり、医者や薬剤師などの医薬従業者への情報提供を行うということもします。また、近年は学術薬剤師は広くとられていて、マーケティングや広告戦略を担当することもあります。

製薬会社にとって、最新の医療情報を入手することは今後の事業の戦略の為、また、新薬開発や競合品の調査のために欠かせない仕事なのです。その情報を保持して、関係者に提供するという仕事は非常に重要で、ミスの許されない仕事となります。

この学術薬剤師を目指すにあたって、向き・不向きなどがあるのでしょうか。まず、学術部門での勤務は従来の薬剤師の業務とは大幅に異なります。従来の薬剤師は医薬品を調合するといった実践的な仕事ですが、学術関連の職種はいわゆる事務職扱いとなります。薬剤師として実験や調剤などが好きだという人には向いていない職種でしょう。学術では常に文献とにらめっこするのでこういった文書を扱う仕事が嫌いな人には向いていない職種です。

逆にどういった人に向いているのかというと、文献や情報探しが全く苦にならない、調べ物が好きなタイプが向いています。また、情報収集には多くの資料やコンピュータでの調査、データ管理なども行うのでコンピュータが好きだということも大切です。情報収集はとても大切で見逃すことができませんので、几帳面でダブルチェックが行えるという人物像も大切です。多くの文献に囲まれるので整理整頓が出来る自己管理能力も要求されます。また、文献は英語などの場合も多いので、高い語学の知識も必要です。薬剤師の多くは、学生時代も数多くの文献と格闘してきているので文献に関わるのが好きという人が多いので、多くの薬剤師には向いているのではないでしょうか。

学術部門への就職はMR(医薬情報担当)などに比べると、求人数が少なくなっているため、求人には常にアンテナを光らせておく必要があります。薬剤師専門の転職エージェントに登録しておくことで、希望の求人があれば連絡をしてもらうことができます。専門のキャリアコンサルタントが丁寧に希望や能力を考慮して良い求人を紹介してもらうことができます。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.