学術薬剤師の志望動機は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の志望動機は?

学術薬剤師の志望動機は?

学術薬剤師は、薬剤師の中でもある意味特殊で、薬剤の情報を管理しまとめたり、調査したりするのが仕事のいわば事務職です。薬剤師と言えば、調剤をしたり研究をしたり、医療従業者とともに仕事をするといったイメージがあるなか、学術薬剤師はデスクワークや調べ物が主ですから、仕事内容が大きく異なります。一般の薬剤師は調剤をしたり、実験をしたいと思う人が大半ですから、学術薬剤師として就職したいと思う薬剤師は少々特殊かもしれません。

では、学術薬剤師としてどのような志望動機を面接官に伝えるのがふさわしいのでしょうか。学術薬剤師の特徴は膨大な最新の医薬情報を扱う事です。この医薬情報は新薬開発のための調査に使われたり、MR(医薬情報担当)のための資料提供、そして医師や薬剤師のための情報提供と、様々な部署で必要不可欠な情報なのです。志望動機では学術がどれだけ魅力的で自分に合っているかということを伝えることが大切です。

学術関連の仕事の魅力は莫大な最新情報を多くの人に提供するということです。これら資料の調査によって新薬開発にも大きくかかわりますし、大きなお金が動く可能性もあります。何より研究部員からMRまであらゆる部門の人に大切な情報を届けることができるということで、多くの人が喜んでくれます。学術ではマーケティングに関わることもありますが、その場合は製品の企画や開発などからかかわります。製品のパッケージや広告戦略など、市場の売り上げに大きく影響をする、企業に貢献できる仕事でもあります。こういった学術の魅力を志望動機の一部として伝え、今まで自分が関わった経験などを織り交ぜて説明をすれば、どうして自分が学術を受けようと思ったかその熱意も伝わります。

就職の際の自己PRや志望動機は必ず自身の経験を織り交ぜて触れる必要があります。そうすると、より信ぴょう性が高まり面接官の印象も良くなります。他の人と同じように志望動機を語っていたのでは忘れられてしまいますので、より印象づけることが大切です。

こうした志望動機の書き方など、薬剤師専門の就職エージェントでは丁寧に指導してもらうことができます。薬剤師の就職エージェントでは医薬やメディカル関連に強いキャリアコンサルタントが親身になって転職をサポートしてくれます。リクナビ薬剤師では、メディカルでの就職経験もあるコンサルタントが就職を斡旋してくれる他、面接などでのノウハウも指導してくれます。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.