学術薬剤師になるメリットは?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師になるメリットは?

学術薬剤師になるメリットは?

学術薬剤師は、薬剤師の勤務先としては決して求人数が多いとは言えないので、こまめに情報をチェックして見つけ次第行動に移すことが転職成功へのポイントとなります。学術薬剤師は副作用など医薬品に関するさまざまな状況を医師やMRに伝えるのが仕事内容ですが、求人数が少ない上にさまざまなメリットがあるので必然的に人気は高くなることがその理由です。

学術薬剤師のメリットでまず挙げられるのは、残業が少な目で土日がしっかりお休みできることにあると言ってよいのではないでしょうか。薬剤師の仕事というとドラッグストアがよく知られていますが、給料は高いものの勤務時間が長くてシフト制であるところがほとんどです。ま病院薬剤師ともなれば土日出勤はもちろんのこと、看護師のように夜勤までしっかりこなしていかなくてはなりません。やはり、プライベートとの両立を考えると、長く働き続ける上では学術薬剤師の人気が高くなるのも頷けると言えそうです。

勤務時間が短くしかも土日にしっかり休めるというのは、負担を感じることなく勤務し続けられることに繋がります。調剤薬局勤務でも土日休みというところはありますが、職場によって休暇が取りづらいという雰囲気のところも少なくありません。その点、学術薬剤師は休暇が取りやすく融通が利くところがメリットと言えるでしょう。

また、学術薬剤師の勤務先は企業となりますが、一定以上の規模の企業なら託児所完備というところも多いです。そのため、子育て中のママ薬剤師も働きやすいというのもメリットとなります。出産からの復職を考えている場合、学術薬剤師はとても良い選択の一つとなるでしょう。ただし、パート勤務はほとんどないので、完全に正社員として復職を目指しているママ薬剤師のみが対象となります。

さらに、学術薬剤師はデスクワークが中心となることから、他の職場に比べて人間関係のストレスが少ないこともメリットに挙げられます。ドラッグストアであればさまざまなお客さんに柔軟に対応していかなくてはなりませんし、病院ともなればモンスターペイシェントに当たることも覚悟しなければなりません。もちろん、職場内での人間関係はありますが、お客さんや患者さんとの対応がないというのは、ストレスはかなり少なくなるといって良さそうです。特に、人とのコミュニケーションがあまり得意ではないという場合には、学術薬剤師はより良い選択と言ってよいでしょう。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.