学術薬剤師の面接対策は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の面接対策は?

学術薬剤師の面接対策は?

学術薬剤師は薬剤師の職場の中でも特に面接に十分な準備が必要となります。それは、給料面ではさほど良い仕事というわけではありませんが、土日はしっかり休めて残業はほとんどないなど仕事とプライベートとの両立がしやすいため、大変人気があるからです。しかし何よりも、学術薬剤師の仕事は求人が圧倒的な少ないことから応募者が殺到することがその理由でしょう。志望動機は確固としたものを用意し、面接官に適切に伝わるようにアピールしたいものです。

何よりも面接時にアピールしたいのは、学術薬剤師という役割がどれだけ魅力的で自分に合っているのかということです。学術薬剤師の仕事は、MR(医薬情報担当)や医師に薬剤の資料や情報を提供するなど、医療の世界では欠かすことのできない存在です。この仕事がいかに大切なものであるかということを、自分の言葉でしっかりと面接官に伝えましょう。

薬剤師の仕事でも、調剤薬局やドラッグストアとなると、面接といってもほとんど顔合わせの意味しかないことも少なくありません。こういった場合は、よほどの問題でもない限りは採用を見合わせられることはないでしょう。しかし、学術薬剤師は違います。他の職場の面接に比べれば数倍は難関であるといえ、履歴書の内容はもちろんのこと、そこでふるいに掛けられた先鋭が集められる面接ではさらに厳しく判定されることになります。自分では十分に対応できたと思っても、何が原因で落とされたのか分からないような状態で不採用という結果になることもあるのです。ありきたりの返答や付け焼刃の対策では、ライバルに差をつけられてしまうので十分に気をつけましょう。

また、学術薬剤師といっても企業によって仕事範囲には幅があります。純粋に学術薬剤師としての仕事のみというところもあれば、MRやCRAといった仕事をこなしながら行うというところもよくあります。そのため、どうしても学術薬剤師の仕事がしたいという場合には、MRやCRAの仕事から入っていくのも一つの方法です。何といっても求人が少ないので、まずはこれらの仕事に就き、その後に学術薬剤師を兼任できるような戦略を考えることも必要でしょう。この場合は、長期的な視野でキャリアを考えているということで、面接官に非常に良い印象を持ってもらえるので、面接時にはキャリアプランとして学術薬剤師を考えていることも伝えておくことです。他にも、MBAの資格を取得しておくというのも面接には有利になります。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.