学術薬剤師の転職活動は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の転職活動は?

学術薬剤師の転職活動は?

学術関連の職を探す場合、就職先は一般的には国内、外資系の製薬会社となります。外資系の場合は、医薬品に関する様々な情報収集を行い、最新情報を医療従業者に提供するといったDI業務が主となりますが、国内の学術はマーケティングなどの商品戦略まで行うことも多く幅広い知識が求められます。幅広く社内情報を扱うため、特に国内では部署ごとの異動が多く、学術を新規に外部から積極採用することが少ないため求人件数は、MRなどと比較すると決して多いとは言えません。ただし、新薬開発などに伴いマーケティングなどの業務拡大を図る場合は学術が人手不足になることも多いので、転職の可能性も広がります。ただし、全体的に企業が学術に割く人数は減少傾向にありますので、求人にはタイミングが重用です。

学術薬剤師として転職活動を行うのに求められるものは、幅広い医薬情報の他に自分の得意分野に関し専門的な知識を持っている事、コンピュータスキルがあること、そしてグローバル情報に対応できる英語の知識は必須となります。一般的には学術やマーケティング部門での勤続経験が優遇されますが、必ずしも学術部門でなくてもMRなどの経験者でも20代で薬剤師資格保有者であれば採用されることも多くあります。DI業務を重視した転職であれば、医薬系のコールセンターでの経験があるというようなスキルも重宝されます。

学術関連の仕事は、製薬会社のみならず大きな病院にもあります。医薬情報を集めて最新の情報にアップデートし、医師や薬剤師などに提供します。学術関連は費用もかさむことから企業が委託会社に学術の仕事を請け負わせることもしばしばあり、コールセンターなどは委託会社の事も多々あります。学術でも特にマーケティングに特化したところでは、学術部門への勤続経験がない場合でも、医薬関連のライティングなど広告や文章に関わったスキルがあれば歓迎されます。

企業での学術の求人は、MRなどに比べて少ないですし、病院でも学術関連の求人がすぐに出るとは限らないため、良い求人は見逃さないようにアンテナを張り巡らせておく必要があります。リクナビ薬剤師は企業や病院に強い薬剤師求人サイトなので、登録しておくことがオススメです。非公開求人も多数登録されており、適任だと判断されたら紹介してもらうことが出来ます。非公開求人には優良な求人が多数あり、高収入の学術関連の企業の求人なども見つかるはずです。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.