学術薬剤師の採用基準は?

学術薬剤師求人サイトTOP >> FAQ >> 学術薬剤師の採用基準は?

学術薬剤師の採用基準は?

学術薬剤師に転職を希望している人がいるとすれば、その道は決して楽ではないと思った方が良いでしょう。他の薬剤師の案件と比較すると、求人の絶対数が少ないからです。薬剤師というと職場として、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業などが候補に挙がります。ただし学術薬剤師となると募集しているのは、そのほとんどが企業となるからです。薬剤師の募集の中でも調剤薬局やドラッグストアの案件が多く、企業の募集はそう多くないです。つまり学術薬剤師に限定すると、ぐっと対象の採用情報が絞り込まれてしまうのです。

学術薬剤師の採用基準を見てみると、待遇の良い条件であればあるほど、厳しくなる傾向が見られます。学術薬剤師の採用情報を見てみると経験や能力に基づき個別に収入を決めますが、年収600万円とか800万円といった条件を提示している案件も見受けられます。このような高収入の学術薬剤師の案件を見てみると、まず学歴がそれなりにないといけません。少なくても修士号取得者とか、博士号取得者限定で募集を出している案件などもあります。また職歴を採用条件に含めているケースもあります。企業薬剤師としての実務経験を持っている人が対象で、CRAとかMRといった職歴を持っていないと応募できないという求人情報もあります。高収入ではない求人の場合、ここまで採用基準は厳しくないです。しかし新卒とか、十分な実務経験を持っていない人がいきなり学術薬剤師として働くのはかなり難しいと思った方が良いでしょう。

学術薬剤師は医薬品の副作用や効能などの情報を収集して、問い合わせがあった時などに対処するのが主な業務です。時には医学関連の文献を調べることもあるでしょう。その中で英文の文献に目を通すことも求められるかもしれません。そこで学術薬剤師の採用基準として、どの程度の英語力を持っているかも重視されます。高収入の案件であればあるほど、高いスキルを要求してくる傾向が見られます。TOEICのスコアを提示するよう求める求人が多いですが、中には700点とか800点といったスコアを求めているケースもあります。TOEICでスコア800点というと、日常英会話だけでなく、ビジネス英会話もよどみなくコミュニケーションできるレベルになります。

学術薬剤師は時として、かなり高いハードルを設定されることもあります。求人情報の条件をしっかり確認して、自分に応募資格があるかを慎重に吟味することです。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.