沖縄の学術薬剤師の求人

学術薬剤師求人サイトTOP >> 地域別の学術薬剤師の求人 >> 沖縄

沖縄の学術薬剤師の求人

学術薬剤師は、沖縄県でもかなり求人は少ないので見つけるのは困難と言ってよいでしょう。もしかしたら、全国でもっとも見つけるのが難しいのは沖縄県と言って良いのかもしれません。そもそも、沖縄県は全国で人口10万人あたりの薬剤師の数がもっとも少ないと言われている地域です。平成22年に総務省が国勢調査を集計した結果によれば、薬剤師の数は1,900人程度となっていますし、沖縄の大学には現在のところ薬学部がないので、薬剤師の卵も産まれづらい状況となっています。

沖縄出身で薬剤師になろうと思ったら、県外の大学で学ぶしかないわけです。また、沖縄県には医療機関をはじめとして薬局やドラッグストアの数も他県ほど多くはありません。そして、限られた薬局やドラッグストアのほとんどが県庁所在地である那覇市内に集中しています。学術薬剤師の職場のほとんどは企業となり、企業が進出しているのも当然那覇市内となるわけですが、それでも残念ながら学術薬剤師の求人はほとんど見かけることはないのです。

沖縄県は本土の他に宮古島や石垣島などの離島がたくさんあり、それぞれに診療所やクリニックがあります。看護師がそうであるように、薬剤師もこれらの離島では派遣薬剤師としての求人がよくあります。短期間または長期で派遣され、寮などほとんど出費の必要のない施設を利用して効率的に働けることから、派遣薬剤師は人気があると言って良いでしょう。といっても実際に十分な薬剤師が集まることはあまりないので、給与が非常に高いなど好条件のところも多くなっています。

沖縄県では、一般薬剤師の募集はあっても管理薬剤師の募集はほとんど見かけることなく、学術薬剤師となるとまったく期待できないというのが現状です。学術薬剤師は、企業に在籍するなどしてクライアントや医薬品の営業担当者などから専門的な質問に口頭や文書で応対するというのがメインの仕事ですが、沖縄県の場合はこのようなポジション自体がないのが現状です。といっても、他県でも、学術薬剤師の仕事のみという求人はそれほど多くはありません。たいていは、管理薬剤師の仕事に学術的なことが含まれていて兼任しているというのが実情なのです。このような状況を考えると、沖縄県では管理薬剤師や学術薬剤師の仕事を、実質的に一般薬剤師がこなしているといっても良いでしょう。とにかく、薬剤師自体があまりいないので、少ない人数で必要な業務をこなしているのが現状なわけです。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.