千葉の学術薬剤師の求人

学術薬剤師求人サイトTOP >> 地域別の学術薬剤師の求人 >> 千葉

千葉の学術薬剤師の求人

学術薬剤師は専門性が高い上に待遇が良い求人が多いことから、薬剤師にとっては大変魅力の多い仕事と言って良いでしょう。経験を積めば長く働くことも可能で、60歳を過ぎても仕事を続けている薬剤師もいます。しかし、残念ながら求人数が少ないことから転職の道のりはとても険しいと言わざるを得ません。それは千葉県内も同じで、転職したいと考えた時にタイミングよく求人が見つかるのはやや難しいと言って良いでしょう。ただ、学術薬剤師と一口にいっても、他の業務と兼任しているパターンも多いので、根気よく探せば希望の業務ができる仕事が見つかる可能性もあります。一度経験しておけば、次に転職する際には学術薬剤師経験者として優遇してもらえるということにもつながります。

学術薬剤師の本来の仕事は、企業などに在籍して、医薬の知識を持った専門家として医師や薬剤師、MRなどからの副作用や効能などの問い合わせについて回答することです。この本来の仕事のみという求人はかなり少ないので、管理薬剤師などと兼任している求人を探すことで転職成功の可能性は広がっていくはずです。

例えば、千葉県旭市にある医薬品卸企業からの求人では、正社員の医薬品卸管理薬剤師を募集しています。その仕事内容は、医薬品の管理や、MSへの医薬品情報の提供や社内研修の実施といった基本的なものの他、受発注や配送スタッフのサポート的なことも仕事内容に含まれています。年収は460万円を上限に経験や年齢などを考慮して決められ、勤務時間は08:30〜17:30で土曜日曜は完全休みの週休2日制です。有給休暇や年末年始休暇、出産・育児休暇、介護休職もあるといった待遇面も申し分なく、もちろん、厚生年金や労災保険も完備しています。

千葉県は、千葉市や船橋市を中心に医療機関がたくさんあり、薬局なども他県よりも多くあります。また、薬剤師の人数も平成22年の総務省の発表によれば全国で7番目に多いという結果が出ています。県内には国立薬学部としては関東でただ一つとなる千葉大学薬学部があり、他にも千葉科学大学や城西国際大学、日本大学薬学部、東邦大学などにも薬学部があるので、薬剤師の卵も大勢いることになります。しかし、千葉県は人口も多いことから、人口10万人に対する薬剤師数を考えるとやや不足気味だと言えます。こういった点でいえば、千葉県で薬剤師として働くことはそれほど難しいこととは言えないでしょう。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.