学術薬剤師求人ガイド

学術の薬剤師転職を実現するなら

薬剤師という専門職で転職する場合、ハローワークだけで求人を探すのはもったいないです。その理由は、好条件の求人は非公開として民間の転職サイトに流れる傾向があるからです。

リクナビ薬剤師には常時35,000件以上の薬剤師求人が公開されます。学術の求人ももちろん含まれていますので、まずはこういった転職サイトにも登録してみることをオススメします。

学術の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・言わずと知れた人材紹介や教育関連のプロ、リクルートグループ傘下の求人サイト
総求人数は何と35000件、就職したいと思える企業や病院が絶対見つかります
・大手企業の学術部など年収600万円以上の案件も多数あり、キャリアアップにもってこい



薬キャリ ★★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリアコンサルタントの対応がスピーディだと評判。登録してすぐに紹介してもらえます
・顧客満足度の高い就職エージェント!学術の薬剤師求人も簡単に見つかる!
運営元は東証一部上場企業のエムスリーキャリアなので安心して就職活動できる



マイナビ薬剤師 ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
人気の非公開求人紹介数ナンバーワン、優良な学術関連の企業や病院も多数あります
・キャリアコンサルタントがとても親身になって相談してくれると評判です
サイト登録者のほとんどが給与アップに成功しているのもうれしいところ



ファゲット ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
大手製薬業界のMR(医薬情報担当)やDI、学術などの求人も多数ある「ファゲット」
・他の薬剤師求人サイトに比べ規模が小さい分、転職祝い金20万などのサービスもあり。
・新卒などの薬剤師資格取得予定者への転職サービスや転職準備のお手伝いもしてくれる



ファルマスタッフ ★★★★ 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
・調剤薬局やドラッグストアのみならず製薬会社や病院の学術などの就職も豊富に紹介
・学術関連に即した履歴書の書き方、面接での回答の仕方など丁寧に指導してくれる
キャリアコンサルタントが全国に80名以上配置されているので対応も迅速で安心



薬剤師の「学術」の求人を探すには?



調剤薬局やドラッグストアで調剤をしているのが一般的な薬剤師のイメージですが薬剤師の中には学術という仕事もあります。学術とは医薬情報を収集し管理するのが主な業務となります。あらゆる医薬品の製品情報、その安全情報や関連文献から最新でかつ正確な医薬品情報を収集し、そのデータを管理します。そしてそこから資料を作成し自社のMR(医薬情報担当)、医師、薬剤師などの医療従業者に情報を提供するものです。

学術の主な仕事先ですが、国内、国外の製薬会社および食品会社、化学品メーカーか、病院内での薬剤部の学術担当部署が主となります。具体的な仕事内容は勤務先によって少し異なっていますが、製品の商品戦略や広告などの立案といったマーケティングも学術の一部と呼ばれることもあります。外資系の企業では学術はDI(Drug Information)と呼ばれていて製品についての外部からの質問に答えたりといったサービスや営業的な役割を果たすこともあります。病院内では医師や薬剤師への情報提供以外に外部からの質問に答えるコールセンターなども学術の仕事となっています。その他、研究会や講演会の企画、薬剤師・MRなどに向けた研修制度の計画、販促支援活動、パンフレットなどの制作、資料等の作成などといった業務をこなすこともあります。

こうした学術業務に求められる能力ですが、もちろん学術部門での経験、もしくはDIのコールセンターなどで勤務経験があれば優遇されますが、その他にMR(医薬情報担当)としての勤務経験なども優遇されます。ただし、学術部門での勤務経験がない場合でも薬剤師であれば採用される可能性はあります。その他に学術は他部署への資料提出など、他部署と連携をして仕事を行うのが主なためコミュニケーションスキルも必要となります。また、多くの海外の文献を取り扱うので語学力が必須となります。TOEICも600点〜700点は取っておくようにしましょう。また、情報を集めたり登録したりするのにコンピュータは欠かせません。PCスキルも重要な要素となります。

学術関連の薬剤師の求人を探す際は、まずリクナビ薬剤師などの大手サイトに登録しましょう。そこでキャリアコンサルタントと条件の相談などを行い転職活動をすすめていきましょう。また学術は、学術、マーケティング、DIなどと呼ばれることもありますのでそれらの求人も見逃さないようにしましょう。病院でのDI業務の場合、得にDI枠での採用がなく薬剤師全般として採用されることもあります。こういった点も転職サイトに相談するといいでしょう。


Copyright (C) 2015-2018 学術薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.